Yaskooのチョット紹介

Yaskooと申します。日々の気になる事や気が付いた事、お得情報等等を書いて行きます。御参考ください

お遍路ガイド。札所の社寺に関して伝説や由緒、見所ポイント!!【42】

   

御遍路巡りでは、四国に点在する88箇所の札所を巡ります。その巡礼にて訪れる社寺にはそれぞれに伝説や言い伝えが残されております。今回は四十二番札所の一課山にある「沸木寺」に関して御紹介した胃と思います。簡単ではございますがご参考下さい。



第42番札所:一課山の「沸木寺」基本情報

宇和島市の三間町はのどかな田園風景が広がっており、町は自然に恵まれており四季折々の花を目にする事が出来ます。そんな自然豊かでゆったりとした雰囲気のなかに「沸木寺」は有ります。

沸木寺には、牛の背中に乗った弘法大師・空海の伝説が語り継がれております。本堂の屋根の上に輝く宝珠に関する伝説は、弘法大師が老人と出会った際のお話しや大日如来を彫った際のお話し等の、”縁起”の中にて語られております。

鎌倉時代には、宇和島領主の菩提寺となったり、「大日さん」として牛馬の安全の守り仏として信仰を集めるなど隆盛を誇る時期がございまた。

沸木寺への行き方

明石寺の参道を右折して県道237号を約1キロ南下します。県道29号との交差点を宇和島方面へ道なりに進む。松山自動車道の高架をくぐり、約500メートル先の交差点を右折して県道31号へ入ります。

カーブが連続である歯長峠のトンネルを抜けてしばらく走ると左手に沸木寺がございます。無料の駐車場も有ります。宿坊は無しです。

住所:愛媛県宇和島市三間町則1683.電話番号:0895-58-2216。本尊:大日如来

沸木寺の見所スポット

仁王門をくぐり、境内の方へと進みますと屋根の上に宝珠が輝く本堂が姿を現します。此方にある大日如来像は愛媛県の指定文化財に登録されております。

また、小さなお堂が本堂の脇の方にあり、これは”家畜堂”と呼ばれております。この家畜堂では毎年7月に”瓜封じ”と呼ばれる牛や馬の病気をキュウリに封じる行事が行われます。

ただし、最近では一般の家庭で飼われていたペットに関する供養にも活用されており、ペットの写真を奉納される方もおられる様です。また、此方にある鐘楼は屋根が珍しいカヤブキとなっております。今となっては大変珍しいのでこちらも是非一度ご覧になる様に御勧め致します。

まとめ

以上、如何でしたでしょうか?四国巡礼の旅を少しでも楽しむの本情報が少しでもお役にたてましたら嬉しく思います。また、巡礼中は体調管理に十分気を付け、暑い時期等は喉の渇きなど、身体があまり感じなくても定期的に水分を補給する様にして下さい。

 - 四国の情報